素材・加工・形状について
特殊ネジ・釘を探す 製品名から探す 用途から探す
特殊ネジ・釘開発、製造の山喜産業 TOP >  素材・加工・形状について

工夫を凝らした様々なファスナーを取り揃えております

ファスナーのカタログには多くのネジ、特殊ネジ、釘が載っていますが、それらにはそれぞれ用途、目的があります。用途、目的に応じて素材、加工、形状が全く違い、特長も大きく異なります。

このページでご紹介するのはそのうちの一部ですが、用途によって様々な工夫を凝らしていることを知っていただければと思います。

素材・加工・形状について

ベストリーマビス

耐火野地板をC型鋼にとめる際に用いるビスです。

特長は、ビスの先端部分がドリルの形状になっているのと、ドリルの部分に羽根をつけている点です。というのも耐火野地板とC型鋼は硬さが違いますので、ビスをとめる際にもC型鋼は穴が空きにくいため、通常よりもビスを回転させてとめなければならず、そうすると耐火野地板などの部分がビスの回転で浮き上がってしまうからです。

それを防ぐためにこのビスは先端部に羽根を取り付け、耐火野地板に大きめの穴を空け、浮き上がるのを防いでいます。また羽根の部分がC型鋼に達した段階で羽根は外れるようなつくりになっているのです。

ベストリーマビス

ナミイタビス

アルミや鉄骨の骨組みに強化プラスチック製(ポリカーボネイト)の波板をとめる場合に用いられます。

ナミイタビスはビス本体に波板の波の高さに合わせたストッパーが施されてあり、打ち込み不足による雨漏り、また打ち込みすぎによって座金、波板が変形して雨漏りするのを防ぐ設計になっているのです。

ナミイタビス

ダブルヘッド釘

仮止め(一時的にとめておき、あとで抜く場合)の際に使用する釘です。釘の頭が伸びているように見えるのは、打ち込んだ後に引っ掛けて抜きやすいようにしているのです。

梱包業者では、梱包したあとにとめるのに用いた 釘を抜いてばらす必要がありますが、そうしたときに用いられます。

ダブルヘッド釘

ネジ・釘の種類は、お客様のご要望の数だけ存在します

一見珍しい形状をしているネジ、特殊ネジ、釘でも用途に最適なように考えて作られているのです。特注品を作る場合は、様々なネジ、特殊ネジ、釘を思い浮かべながら常に最適なやり方を検討して提案させていただいています。長年の経験によって蓄積されたノウハウが非常に重要になってくるのです。

特殊ネジ、その他建築用のネジ、釘でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
ネジ・釘をお探しの方へ
製品開発について
サポート体制
山喜産業について
ページトップへ