新着情報
特殊ネジ・釘を探す 製品名から探す 用途から探す
特殊ネジ・釘開発、製造の山喜産業 TOP > 新着情報
1  2  3

平板スレートの改修工法!シーガードを販売中!

2018/07/06

平板スレートの改修工法!シーガードを販売中!

カバールーフ工法の新しい基準 コストとリスクをおさえて新登場!

 

シーガードの特長!

① 既存の平板スレートにジャストフィット

平板スレートにピッタリフィットするので、高さが変わらず、壁際や棟・ケラバ部材の交換が不要。また雨樋の調整の心配もいりません。 また周辺部材の交換が不要なので、1面のみの改修や、部分張でも施工が可能なので、太陽光発電の金具のサポートにもお勧めです。  

② 既存屋根に穴を開けない安心の工法

既存平板スレートに専用の接着する工法なので、ビス止めなどで、既存屋根を傷めずに、スマートにかぶせて施工することができ、重ね葺き時の雨漏りのリスクを解消した安心工法です。

③ 高い性能で、優れたコストパフォーマンス

シーガード本体は耐候性に優れた鋼鈑を使用し、長時間塗り替えを必要としません。 また専用接着剤は鋼鈑を制振し音をおさえ、既存屋根が外部で受ける熱をやわらげる構造です。 そして優れた施工性によって短縮された工程で高いコストパフォーマンスを発揮します。

 

 

エポキシ鉄筋用 被覆結束線を販売中!

2018/07/03

エポキシ鉄筋用 被覆結束線を販売中!

錆に強い結束線! 構造物の塩害対策に最適! 永く愛される構造物は、錆びない鉄鋼製品がつくる。 地震災害などのリスクが高まる昨今、大切な人名と財産を守るために構造物の強度を長期間にわたって維持することが求められています。 鉄鋼製品の腐食を防止することは、構造物の強度を長期間にわたって維持することにつながります。

錆びない鉄筋 エポキシ樹脂塗装鉄筋 錆びない鉄筋として注目されています。× エポキシ樹脂を傷つけない結束方法 エポキシ鉄筋用被覆結束線 錆に強く、結束線から鉄筋にもらい錆が移りません。=構造物の耐久性の向上 

指針書推奨の鉄線に該当 エポキシ樹脂塗装鉄筋は堅固に組み立て、鉄筋相互のこすれによる損傷を防止しなければならない。エポキシ樹脂塗装鉄筋の組立には芯線径0.9mm以上のビニール被覆等の処置を講じた鉄線をもちいるのがよい。 土木学会 エポキシ樹脂塗装鉄筋を用いる鉄筋コンクリートの設計施工指針(改訂版)より  

 

錆びない秘密は構造にあります。 エポキシ鉄筋用接着被覆線 構造

被覆材(塩化ビニル樹脂)と心線材(なまし鉄線)を完全接着させることにより、端部や傷からの空気、水分の侵入を遮断。心線材を保護し、耐久性を飛躍的に向上させています。また、完全接着により、端部の心線が飛び出しにくくなっています。

 

その他の特長

JIS G3543適合の合成樹脂被覆鉄線を使用。国産材料を国内で加工しているから安心。

エポキシ鉄筋と違う色のカラー線を使用。目立って結束忘れ防止になる。

被覆材と心線材を接着してあるため、端部から心線材が飛び出しにくく安全。

ダンボールケース入りで取り出しが便利。重ねられて置き場を取らない。

タイトフレーム用ビス 木下地用にSUS305タイプが新発売

YFビスに追加サイズ

構造用合板(厚9mm)耐力壁工法用 GH5ビスを4月8日より新発売!

2016/03/25

高倍率の耐力壁×設計自由度アップを実現!

特殊な材料を使わず、構造用合板(JAS)9mmを専用ビス(GH5ビス)で留付けるだけで、高倍率(5.0と3.6)の耐力壁を実現できます。(国土交通大臣認定仕様)

構造用合板(厚9㎜)GH5ビス 外@100中@200倍率 5.0

構造用合板(厚9㎜)GH5ビス 外@150中@300倍率 3.6

対象工法:在来軸組工法 大壁仕様 注)枠組工法には適用できません

 

 

⇒ 構造用合板(厚9mm)耐力壁工法 GH5ビスを4月8日より新発売!  

 

 

特徴1 木造軸組壁倍率の大臣認定の最高倍率5.0を取得

特徴2 耐震性を確保しながら開放的空間設計が可能、設計自由度がアップ

特徴3 環境にやさしい表面処理、ディフェンスコート シルバー(クロムフリー)

特徴4 内(裏)側和室(真壁)使用にも対応

 

GH5ビス 合板耐力壁工法の詳しい特徴1

高倍率のメリットは?

一般的な木造住宅は、地震力を壁(主に耐力壁)が支える構造になっています。その耐力壁の性能を表す指標が壁倍率です。一般木造住宅の耐震性能は、使用する耐力壁の壁倍率とそれがどれだけ多く、使用されるかで決まります。

耐力壁の壁倍率×その壁の使用長さ(幅)の総和が耐震性を表す指標

 

倍率2.0倍の筋交いと倍率5.0倍のGH5ビス工法を比較した場合、それぞれの耐力壁で、同じ住宅で同じ耐震性能の住宅を建設する場合、筋交いの使用では、GH5ビス工法より、2.5倍の壁の配置(長さ)が必要になります。壁が多く必要で、開放的な空間設計や、プランの自由度が下がります。また、長期優良住宅等、より高性能(高耐震使用)な住宅を設計する場合は、より耐力壁が必要となり、設計が難しくなります。

GH5ビスのメリットは、耐震性を確保しながら開放的空間設計が可能、設計自由度がアップ。長期優良住宅等の高性能(高耐震使用)な住宅への対応が容易に。

 

GH5ビス 合板耐力壁工法の詳しい特徴2

折れにくい耐久性のあるビス仕様

耐力壁のビスには、強度、粘り強さ(折れにくさ)が求められます。

単純曲げ試験において、基準法の合板使用であるくぎN50は、曲げても折れないので粘り強さはありますが、曲げ強度はあまりありません。 それに対し、石膏ボード等で使用されるタッピンネジのJIS品は、強度はN50よりもありますが、変形が進むと折れてしまいます。

GH5ビスは強度と粘りのある仕様

 

GH5ビス 合板耐力壁工法の詳しい特徴3

内(裏)側和室(真壁)仕様にも対応

認定仕様の間柱サイズを27×60㎜以上としたことで、認定品取付面の裏側を和室(真壁)仕様にすることが可能です。

※あくまで真壁対応は認定仕様の裏側です。真壁タイプの認定ではないので、ご注意ください。認定は大壁部分のみです。

 

GH5ビス 合板耐力壁工法の詳しい特徴4

ロール連結仕様でスピーディな施工

認定仕様のロール連結タイプは、石膏ボード用のビス打ち機(41㎜対応用)を対象とした仕様になっていますので、お持ちの工具でスピーディな施工が可能です。

 

新規仕入先募集中

2015/09/04

山喜産業では、新しい仕入先を積極的に募集しています。 建築・建設・土木・材料全般、ぜひご自慢の商品を弊社にご提案下さい!多くの企業からの募集をお待ちしています。

※物流、仕入価格、ロット、弊社の営業戦略上の問題でお断りする場合もあります。 あらかじめご了承の上お問い合わせ下さい

仕入課 松田まで

薄板用 ピッタリネジを新発売

H鋼用タイトフレーム用ビス を新発売!

1  2  3
お問い合わせはこちら
ネジ・釘をお探しの方へ
製品開発について
サポート体制
山喜産業について
ページトップへ
オーストラリアドル